害虫による症状を知ろう|アドボケートならどんな害虫も逃さない!高い駆除効果でペットも安心

害虫による症状を知ろう

白い薬が入ったシートを持つ人

犬や猫にとって、フィラリアやノミ・ダニというのは危険な存在です。
彼らのサイズは非常に小さいですが、もたらす危険は大きいのです。

フィラリアがペットの体内に寄生することで、フィラリア症という病気を引き起こす危険があります。
フィラリアは内部寄生虫であり、蚊を媒介にしてペットの体内に寄生します。
このときはまだフィラリアも幼虫で、寄生されたからといってそこまで深刻な問題ではありません。
ですが、このまま放置してしまい、ペットの重要な血管内で成虫に成長されてしまった場合が問題です。
フィラリアの成虫は人間の目にも見えるほどの糸状の体に成長するため、そんなサイズの寄生虫が血管内にいれば、当然血液の流れは悪化してしまいます。
それによって呼吸困難や重度な咳、血尿や食欲不振を引き起こしてしまうのです。
また、フィラリアによって血流が極端に悪化してしまうと、そのままペットが命を落としてしまう危険もあるので最警戒しておきましょう。

ノミ・ダニに寄生されてしまった場合、その場所から血を吸われてしまい、強烈な痒みが起こります。
ペットたちにとっては、この痒みさえストレスになってしまいますが、痒みを我慢できずに掻きむしってしまうと皮膚が傷つき、皮膚炎などの原因にも。
その他にも、血を吸われたことによって貧血を起こしてしまう可能性がありますし、ノミ・ダニが持っていた菌をもらってしまう可能性もあるのです。

どちらにしても放置はしておけないため、もし少しでもペットに異変が見られたらすぐ対処するようにしましょう。